ネズミ駆除

【ねずみ駆除】ねずみが家に出たときの対処方法と4つの手順を詳しく解説

「家の中にネズミがいることに気が付いてしまった・・・。」
「一刻も早くネズミを駆除したいけど、どうしたらいい?」

そんな風にお困りではありませんか?

ここでは、私の過去のネズミ駆除経験を踏まえ、最も効率的にネズミ駆除を行う手順を徹底解説します!

先に結論をお伝えしておくと、“駆除専門業者に無料見積もりを依頼すること”が何よりも重要。

「自分での駆除を考えている」という人も、「気持ち悪いから業者に依頼したい」という人も、どちらの場合もこのポイントをまず押さえておけば効率よくネズミ駆除ができます!

私の家では2年ほど前に突然ネズミが発生し、その後約半年ほどネズミと同居生活を余儀なくされました。自力で色々な駆除方法を試してはみたものの、一向に状況は改善されず・・・。

結局、最終的には泣く泣く業者に依頼をし、ネズミとお別れすることができました。

今振り返ると、もっとスマートな対処の仕方があったと反省がいっぱいです。自分だけでネズミと戦っていても、無駄に時間を過ごしてしまうことにもなりかねません。

ここでは、かつての私のようにネズミ駆除が初めての方でも効率的に対処できる方法を詳しくお伝えしていきます!
たったの4STEPで終わるのでとても簡単です。(私も始めからこの方法を知っていたかった・・・。)
ネズミとの因縁の戦いに決着をつけましょう。ぜひ、参考にしていただけると幸いです。

Contents

まずは業者に無料見積もりを依頼する


悲しくも家に発生してしまったネズミを駆除するため、まず真っ先にやりたいことは「業者への見積もり依頼」です!
素人が自力で駆除をする前に、専門業者に色々と聞けることがあります。

なぜ、最初に見積もり依頼をするのが良いのか?この点を具体的に解説します!

いきなり業者かよ!チョッパリらしいな!(いやお金をかけるのはちょっと・・・)

いやいや、決して心配しないでください。
あくまで無料見積もり・現地調査を依頼するだけです。

多くのネズミ駆除業者は「見積り無料!現地調査無料!」を謳っています。
この無料サービスを、全力で利用しようという話です。

自分で駆除するにせよ、業者に依頼するにせよ、被害状況を正確に知る必要がある!

ネズミの駆除は基本的に以下の4STEPが必要です。

  1. 被害状況の確認(ネズミの行動範囲、営巣の有無、侵入経路の特定)
  2. ネズミの捕獲、駆除(粘着ボード、殺鼠剤の使用、忌避剤の使用)
  3. ネズミの侵入口の封鎖
  4. ネズミの行動範囲の消毒

ここで一番大切なのが「被害状況の確認」です。
なぜかというと、この被害状況を元にしてネズミの駆除計画を立てるから。
特にネズミの「侵入経路の特定」は私には非常に難しかったです。
というか、ズブの素人が分かるはずがない・・・。

最初の最も大切な作業を業者に無料でやってもらおう!

先ほども申し上げた通り、ネズミ駆除にあたっての重要なポイントは「被害状況の確認」です。
ここが最も大切で、かつ我々素人には難しいところ・・・

そこで、業者に無料見積りを依頼するのです!
“自宅が現在どのような状況で、どのような対処で駆除が必要なのか”をプロの目線から説明してくれます。その説明を元に、業者に頼むか自分で駆除するかを決めると良いでしょう。

ネズミ駆除がしたければまずは業者に無料見積もりをすることで、業者に依頼・自力で駆除、どちらの方法を選ぶにせよ必要な情報が得られます。

ネズミ駆除業者を選ぶ!


いざネズミ駆除業者へ見積もりを依頼しようと思っても、

「どこに依頼したらいいかわからない・・・。」
「業者なんていくらでもあるし、どこに依頼しても同じ?」

このような迷いが初めに出てきます。
ネズミ駆除の依頼に慣れている人なんていませんから、そう思うのも当然です。

答えは「業者によって金額にバラつきが出るので、どこでも良いというわけではない」です。

駆除業者の効率的な調べ方・選び方を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。ポイントさえ押さえておけば、決して難しくありません。

ネズミ駆除業者の調べ方がわからない?まずはGoogleに聞いてみよう!

まずは「ご自身の市区町村」+「ねずみ駆除業者」でGoogle検索をしてみましょう。地域にもよりますが、恐らくこれだけで10個以上の業者が見つかると思います。

出てきた選択肢の中から以下のポイントを参考に業者を選びます。

  1. ホームページの印象(古すぎる情報でないか、広告色が強すぎないかなど。)
  2. 現場からの距離(家から近いことは重要なポイント。)
  3. 創業年数(一概に言えませんが、年数が長いと実績豊富です。)

以上を踏まえて比較した上で、ネズミ駆除業者を選ぶとスムーズです。

ただし注意点が一つあるので、次で解説します。

ネズミ駆除業者の「ランキングサイト」は利用しないように!自作自演の宝石箱です。

「ねずみ駆除業者」のキーワードでGoogle検索をすると、必ず“ねずみ駆除業者ランキング”のようなタイトルのサイトが複数出てきます。

一見「これさえあれば楽に業者が選べる!」「ランキングなんてありがたい!」と思いがちですが、大体は99%ヤラセであるケースが多いので無視しましょう。

http://www.mouse-pfkujyo.com/company/
https://inakasensei.com/nezumi-gyousya
http://www.deratisation-guide.com/

そもそも、そんなサイトを誰が何のために運営しているのでしょうか?
それはランキング1位の業者です。中にはあえて2位に入れ込み、広告であることをカモフラージュしている業者まであります。
知っている人達の間では「ランキング上位のサイトは逆に避けたほうが良い」という声も。

http://ねずみ駆除費用.com/gyousya/

これは巧妙ですね・・・。
クイズ!このサイトを運営している会社はどこでしょう?
しかしミヤザキさん評判よすぎだろ・・・(^_^;)

ネズミ駆除業者が多すぎて、選びきれない?それなら「マッチングサイト」を利用しよう!

マッチングサイトとは、家の近くのねずみ駆除業者を紹介してくれるサービスです。

特徴は以下の通り。

  • “ネズミ駆除業者との契約が成約”したらマッチングサイトが業者から紹介手数料を受け取るため、その地域で最も成績の良い(実力のある)業者を優先的に紹介してくれる。
  • 見積もり後に断る場合でも、マッチングサイトのコールセンター経由でのやり取りなので、”言いづらい”という気持ちにならない。
  • デメリットは、紹介手数料を業者が負担するので、その分見積りが高くなる傾向にある。

ただし今回の一番の目的は腕の良い職人に無料で現場調査をしてもらうことなので、デメリットは無視してOK。

参考までに紹介すると私はネズミメンテナンスというマッチングサービスを利用しましたが、ある程度の規模ならどこでも大丈夫です。

業者に「被害状況とネズミ駆除の作業詳細」を確認しよう


実際に無料見積りを依頼すると、大体2〜3日以内に業者が来てくれます(私の場合は翌日には来てもらえました)。

小一時間程度の状況調査とヒヤリングの後、ネズミ駆除にかかる費用見積りと詳細の説明をしてくれると思います。

その際に業者へ必ず確認しておきたいポイントが6つあるので、忘れずに聞きましょう!

①どのくらいネズミがいるのか(営巣はしているのか?)

もしネズミが家にいることに気が付いてしまったら・・・。
繁殖力が高く生後3ヶ月以降から出産できるネズミは、1匹でも見つけた=すでに何匹もいる可能性が高いです。
素人目で見て「駆除できた」と思っても、実は奥にまだまだいることも。

どのくらいの量のネズミがいるのか、そして営巣はしているのかを確認しましょう。
営巣している場合はしっかり巣ごと撤去することが必要だからです。そうでないと、驚異的な繁殖力をもって元に戻ってしまいます(^_^;)

②ネズミがどういった侵入経路で入ってきたのか

ネズミが家に侵入してくるには、もちろん何かしらの経路が存在しています。壁の割れ目や排水管、汚れた換気扇の隙間など・・・。あらゆる侵入口がありますが、これを自力で見つけるのはなかなかの労力がかかるもの。業者にしっかり特定してもらいましょう。

侵入経路を塞げば、今後新たにネズミが入ってくることを防げます。

③駆除にあたってどのような作業を行うのか

詳しい状況がわかったら、次はそれに対してどのような作業でネズミ駆除を行ってくれるのかを確認します。更に”その作業を行うことでどうして駆除できるのか”まで聞いておきましょう。納得した上で依頼することが大切です。

もし作業内容を詳しく聞いて「自力でできそうだな」と思ったら、無料見積もりの段階でストップしてもいいですしね。

④駆除完了までにかかる期間はどのくらいなのか

大量繁殖していることが多いネズミは、例えプロの業者であっても一回きりの作業ですぐ駆除完了というのはなかなか難しいようです。この辺りは繁殖量によって前後しますので、駆除完了までどのくらいの期間を見ておけばいいのか確認しておきましょう。

繁殖する前であれば比較的短期で終わりますが、もし何十匹も繁殖していた場合は1〜3ヶ月かかることも。

⑤万が一再発した場合の保証はあるのか(保証期間はどのくらい?紙面でもらえる?)

ネズミ駆除は業者によって再発保証の有無や期間などが異なるので、事前に確認が必須です。
せっかく依頼するなら再発時は無料で対応してくれるほうがいいに決まっています。(またお金が掛かるなんて・・・その時にはすでに繁殖している可能性大です・・・)

大体1〜5年間保証してくれる業者が多いですが、やはり期間が長ければ長いほど再発防止の技術に自信があるということなので信頼できます。
無料保証ができる業者は、その後しばらく再発しない技術=無料と言っても元が取れる・儲けが出ているというわけです。

そして保証については、口頭でのやり取りで終わってしまっては意味がありません。後からできませんと言われてしまったらそこで終了、証拠がないのでこちら側は何も言えません(^_^;)
きちんと紙面で必要事項を記載してもらえるのか聞いておきましょう。もしそういったフォームが業者側にない場合は、領収書に裏書きしてもらえるのかを確認します。

⑥【重要】具体的な合計金額はいくらなのか

ここが一番重要なポイント。合計金額がいくらかかるのかを確認しましょう。
もちろん業者によって金額は異なりますし、状況によってはネズミ駆除料金と再発防止の防鼠料金が別々にかかる場合があります。

相見積もりで他業者と料金比較したり、あまりに高いようであれば自力で駆除できないか検討したりすることもあると思います。
いずれにせよ、何の作業に対していくらかかるのかを具体的に聞いておきましょう。

見積もりが終わったら、じっくり検討しよう!


業者に見積もりをしてもらったからといって、何も今すぐに決める必要はありません。正直なところ、今日決めたとしても明日決めたとしてもやることには大差ないからです。

「一刻も早く駆除したい」と思ってしまうかもしれませんが、基本的にネズミ駆除にはある程度の期間が必要なので、急いでも仕方ありません。

確実に対処をするためにはじっくりと考え、検討をしていきましょう。

業者が来ても、基本的にその場で決めることはしない

見積もりをしてもらった後、その場で返事をしなくても全然大丈夫です。一般的に多くの人は他業者と相見積もりするものですし、罪悪感は一切不要。

あくまでもお断りするのではなくその場で決めないこと。業者が帰ってからじっくり検討する時間を設けましょう。

業者に帰ってもらいたいときの「締めの言葉」。手のひらに書いておきましょう。

「夫と相談して決めようと思います。お願いするようなら今週中にご連絡しますね。」

「他の業者と比較して決めようと思います。お願いするよう(ry」

締めに使える決めゼリフ!これで業者の方に安心して帰ってもらえます。「今決めてくれたら安くする」なんて粘られたときにも使えますよ。
結果として依頼してもしなくても、相手側も悪い気持ちはしません。

自分でやるか業者に頼むか?「当然プロに頼んだほうが良い」です!※ただしお金に余裕がある場合に限る

ネズミ駆除を自分でやるのか、または専門業者に頼むのか、どちらがいいかと聞かれたら。答えはもちろんプロである業者を選ぶほうが確実です。”ネズミ駆除”を徹底的に知り尽くしたプロに任せるのはやっぱり安心。

どうしても自力では対処しきれなかったり、駆除が終わったと思ってもまだいるネズミの存在に気づかなかったりすることもあるもの。この点で業者は細かいところまで徹底的に対応してくれるため確実なのです。

あれやこれやと自力で駆除を行っても、すぐに再発してしまった・・・というのはよくある話(私もその一人・・・)。

ただし、業者に頼むにあたってお金がかかるという点は外せません。

私の場合は自力でさまざまな手段を尽くした後だったので「もう無理だ!」と面倒になって、結局は業者に依頼しました。

ただ「金額が高すぎる」と感じる場合もあると思います。お財布と相談し、よく考えてから決断してください。

一般住宅におけるネズミ駆除の費用相場はいくら?

駆除業者に支払う費用の相場(撃退!ねずみ駆除完全マニュアル)

参考データを信じるならば、大体10万円~30万円くらいがボリュームゾーンのようです。
ただし、ホームページに書いてある金額は”ほぼ意味がない”と考えたほうが良いでしょう。なぜなら金額の横に必ず「~」が付いているからです。これは価格設定していないも同然。

ねずみ駆除は期間も長く、大工工事も入り、さらに完全駆除の無料保証が付いてくることも考慮すると・・・。どうしても金額が高くなるのは仕方ないもの、と頭では分かっていつつもやっぱり高いものは高いですよね。

ちなみに料金の幅は、作業の難易度によって前後するそうです。
以下のような場合ではより高額な費用がかかるでしょう。

  • 駆除する場所の隣が飲食店
  • 塞がなければならない穴が多い
  • ネズミの数自体が非常に多い

そのため、ホームページに記載の金額だけで判断することは非常に難しく、本当の費用相場は複数の業者に相見積りを取ることでしかわからないのです。

予算が足りない場合は”再発保証を外す”という手もあり

「できれば駆除業者にお願いしたいけど、どうしても予算が足りない・・・。」

そんな場合は、ネズミ駆除後の再発保証を外すと作業金額を下げてもらえるので、見積もりの際に一度相談してみましょう。

業者に聞いたところ、やはり先の見えないコストに一番費用がかかるようでした。これはどんなに作業内容に自信のある業者でも、万が一再発が起こってしまった場合には契約通り無料で対応する必要があるから。

参考までにですが、私の場合は再発保証を外してもらい、【150,000円】だったところを【98,000円】でお願いできました。

ただし「再発保証を外す」という決断は諸刃の剣なので、よく考えて決断してください。万が一再発した場合に、再びお金がかかるからです。

  • 「駆除作業の説明内容に納得がいく」
  • 「本当に信頼出来る人(保証がないからといって責任感のない仕事をしない)」

再発保証を外してもらうにあたっては、上記の2条件を必ず満たしていることが大前提です。また、万が一再発した場合に相手を責め立てることはできません。あくまでも自己責任で依頼してください。

ネズミ駆除にかかる金額は、以下のような順番で高額になっていきます。

完全駆除+再発保証あり>完全駆除>一定回数の駆除作業のみ

個人的には「完全駆除で十分、それに再発保証は不要」だと思っています。

理由は、駆除業者のホームページを見ると、”再発保証あり”という記載の下には必ず、「駆除施工した場所からネズミが再発した場合に限る」と付け加えてあるからです。
この点について穿った見方をすると、仮に万が一再発した場合でも、駆除業者が「いや、今回は以前と別の原因でネズミが出てきています」と主張したら保証されないということになってしまいます。

駆除費用を出来る限りで安くしたい場合は、「作業内容で依頼」すれば安くなります。
例を挙げると「駆除作業を2週間ごとに3回」といった感じです。
ただ、ネズミ被害が止まろうが止まるまいが必ず金額が発生しますので、本当に信頼出来る人にしか依頼できませんね(^_^;)

まとめ


今回は家にネズミが出た時の対処方法と4つの手順をまとめました。

もし私の家にもう一度ネズミが出てしまったときは上記の手順を踏みます。

この記事が、かつての私のようにネズミ被害で困っている方の参考になれば幸いです。気持ちの悪いネズミとスッキリお別れをしてしまいましょう。

また駆除方法を検討の結果、自分で駆除をする決断をしたという方は、別記事の「自分で駆除する時の覚書」が参考になると思うのでよろしければご一読ください。

ネズミを追い出す方法を9段階で説明!殺さず追い出す徹底的手法を解説