水のトラブル

【水漏れ・つまり】水回りのトラブルを業者に頼む前に取るべき3ステップ

先日、キッチンの蛇口から水漏れが起こって、すぐに業者に頼んだら偉い高くついてしまいました・・・
水漏れやトイレのつまりなど水回りのトラブルは長く生活していると必ず経験すると思います。
ただいざその場面に直面するとテンパって冷静な判断がくだせないことが多いですよね(私です(^_^;))
ここではあの時こうしていればという対処の仕方を備忘録がてらまとめました。
ご家庭で水漏れが起きて業者を探そうか迷っている方の参考になれば幸いです。
結論だけお伝えすると「平日の昼間に地元の水道局指定業者に来てもらう」のがおすすめです。

まずは落ち着いて水漏れを止めよう


とりあえず一度深呼吸をしてから、水漏れを止める作業にかかりましょう。

参考ページ:自力で修理!蛇口の水漏れの修理方法のように自力で修理をする方法もありますが、基本的にDIYに長けていない私達が出来ることは
①蛇口を閉める
②止水栓を閉める
の2択しかありません。

ただ安心してください。後者の止水栓を閉めたら原理的に水漏れは止まります。
ただし水道が使えなくなるので、こちらは最終手段ですね。

止水栓の閉め方

蛇口よりも奥にある栓が「止水栓」です。
止水栓を経由して蛇口から水が出るので、水漏れを止めるためには大元となる止水栓を閉めることが必要。
止水栓は基本的に、キッチンや洗面台の場合は台下・トイレの場合は便器の後ろ側と、それぞれの箇所に設けられています。

一般家庭にある止水栓(トイレ・洗面台)の閉め方は、長野市水道工事協同組合様の動画が分かりやすかったのでご覧ください。


一般的にはマイナスドライバーで閉めるタイプと、手で回して閉めるタイプの2種類がありますが、どちらも簡単なのですぐにできます。

もし個別の止水栓が見当たらない場合は、家の外に「家全体の止水栓」があるのでそちらを閉めましょう。(※全ての水が止まってしまうので要注意。)

集合住宅の外にある止水栓の場所と閉め方は、プロコール24様の動画が分かりやすかったのでご覧ください。


こちらも同じく一般的にはマイナスドライバーで閉めるタイプと、手で回して閉めるタイプの2種類なので、誰でも簡単にできます。

戸建ての場合は屋外に設置されている水道メーターボックスを探して、その中にある止水栓を同様に閉めてください。

止水栓を閉めればひとまず水漏れは止まるので、それだけでも安心。

濡れている箇所を乾燥させよう


キッチンのシンクの水漏れなどは問題ないのですが、天井や床の水漏れは放置厳禁です。
最悪すべての床や天井を張り替える羽目になってしまうので、シミが広がらないうちにドライヤーで乾燥させましょう。

少しでも早めに乾燥させることが大切です。

最適な業者を選択しよう!


突然の水漏れ発生時には、慌ててとりあえず目についた業者に修理を頼んでしまうことも(私がそうでした・・・)。
本当はもっと安く修理できたのに、無駄にお金を払う羽目になるかもしれません。
中には悪質な業者も存在しているので要注意です。

急ぎたい気持ちは分かりますが、止水栓を閉めたならとりあえず安心して大丈夫です。
落ち着いて、適切な業者を見極めて選びましょう。

一番は平日の昼間に地元の水道局指定業者に来てもらうこと

結論をいうと、一番いい業者は「地元の水道局指定業者」です。
その名の通り水道局が認めているということですから、安心して依頼できます。

地元の水道局・市などのサイトに業者一覧が載っており、また各業者のサイトにも水道局指定業者である旨が記載してあったりもします。

ただ、業者によっては夜間料金・休日料金がかかってしまうところも。
業者側にもコストが掛かるので仕方ないことではありますが、安く抑えるなら「平日の昼間」に来てもらうのがベストです。

ポイントは「信頼できる業者」に「一番安いタイミング」で依頼すること。

さらに費用を抑えたいならひとつの業者に限定するのではなく、同じ条件でいくつか業者を選んでから相見積もりをしましょう。

TVCMでよく見る全国24時間対応の業者は割高

よくテレビCMで見かけたり、ポストにマグネットを配っているような会社です。
例)クラシアン、水道救急車、生活110番など

いったん止水栓を閉めてしまえば、水漏れは止まります。
そのため焦る必要はないと思いますが「それでもすぐに来てほしい」「お金は高くついてもいい」と思えるのであれば、選択肢のひとつに加えてもいいでしょう。

ただし、CMで謳っている通りの金額にはほぼなりません。
考えてみてください。深夜に5000円でトイレのつまりを修理にくる人はいません。
広告費、コールセンター維持費、全国の拠点維持費、安くなる要素がないのです。
24時間中ずっと人が稼働しているわけですから、その分の料金が高くなるのは当然のことかもしれませんね。

怪しいランキングサイトに注意

Googleで「水漏れ修理 業者」なんて検索するとよく出てくるランキングサイト。
これらは99%自作自演なので、簡単に信用しないほうがいいでしょう。

一見業者サイトとは違うサイトなのでそうは思わないかもしれません。
でもアクセス数や依頼数を増やすために、自然に見えるランキング形式で宣伝を行うのはよくあることです。

実際にそこまでたくさんの水道業者を利用して比べるような経験なんてしませんよね?
一体何度水漏れしているのかと、疑問に思いませんか?
そのため、残念ながら利用者が作ったものではないことがほとんどです。

サイトの口コミを信用して依頼したのに悪徳業者だった・・・ということもあるので気をつけましょう。

水道局指定業者の探し方

水道局や市のホームページにも一覧は掲載されていますが、「市区町村+水道局指定業者」でGoogle検索するのが一番早いです。
大体10件以上は見つかるので、その中から良さそうな業者を見定めましょう。
参考:東京都指定給水装置工事事業者一覧

中には悪い業者が混ざっている場合もあるので、もし余裕があれば複数業者を選んで相見積もりをするのがベターです。

めんどくさい?水道局指定業者を紹介してくれるサービスもあるよ


私が利用した「スマートサービス」は、地域の水道局指定業者を紹介してくれるサービス。
所謂マッチングサービスというやつですね。
仕組み的に優秀な(成約率の高い、クレームの少ない)業者を紹介してくれます。

見積もりは無料ですが、見えない手数料(業者負担)が掛かります。
その手数料を見積り金額に乗せてくる業者もいるので注意が必要です。といっても基本消費者にはわかりませんので金額が予想より高かったら交渉するかきっぱり断りましょう。

よく考えてみれば、世の中そんなに上手い話はありませんよね。
私、業者を使うときよくマッチングサービスを使うのですが、悪い業者に当たる確率を下げるために、少しお金を払うイメージで使っています。

ホームページに「金額を言わずに作業はしない」と記載しているので、やられて一番厄介な「勝手に作業して請求が来る」というトラブルの予防になるのでちょっと安心です。

しっかり検討しよう


基本的に次の日までには業者は来てくれます。

「水漏れの原因を把握する→それに対して業者がどのような作業をしてくれるのか、費用はいくら掛かるのか、保証はあるのか」
この点をベースにして、業者選びを焦らずしっかり検討しましょう。

何が原因で問題が起きているのか?

まずは業者に何が原因で水漏れが起きているのかを、具体的に聞きましょう。
以下の参考ページをもとに自分で原因を確認する方法もありますが、私達素人にとっては少々ハードルが高い・・・。

参考①:水漏れを自分で修理する前に、必ず確認するべき【原因と手順と要注意ポイント】(台所、キッチン編)
参考②:トイレ水漏れの原因と自分でできる修理方法

一応、多くある原因としては
・蛇口から水がポタポタ出ている→部品の経年劣化
・パイプの接続部分から水漏れしている→ナットの緩み、パッキンの経年劣化
などがあるようです。

ここは業者の専門的な目線で、しっかりと原因を見つけてもらいましょう。

どのような作業をしてくれるのか?

水漏れの原因を教えてもらったら、次はそれをどのような作業で修理してくれるのかを具体的に聞きましょう。

具体的に聞いておくことで、後から作業内容と金額を変えられたり、不要な部品交換をされたりといった、悪質な業者に当たることを事前に防げます。
また、相見積もりの際にも「業者によって違うことを言っていないか?」が比較するポイントに。

金額はいくらか?

作業内容を聞いたら、次は修理金額が具体的にいくら掛かるのか確認しましょう。
修理が終わってから初めて金額提示を受けるのは危険です。

事前に「いくらで」と決まった金額を知っておけば、ビックリするような高額請求をされることも防げます。

下記に業者に直に聞いた「水漏れ・つまりの修理相場」をまとめてあります。
こちらの内容も確認して相場と合致しているかも確認しましょう。
相場よりも高い場合はその理由を聞いて納得がいかなければ次の業者へ
大丈夫、止水栓は締めてあります( ・`ω・´)

修理に掛かる金額は、必ず作業前に聞くことが大切です。

保証はあるのか?

修理後の保証があるのかどうかも、業者選びの重要なポイント。

「直してもらったはいいけどすぐに水漏れしてしまった。」
「1年経って同じところから水漏れが発生した。」
このような場合に保証期間のない業者を利用していると、新たにお金が掛かります。
保証があれば無料で直してもらえたのに・・・というのはしなくていい損です。

良心的な業者では5年間の保証がついているところがあります。
これは修理に自信があるからこそできること。

もちろん口頭で聞くだけではダメなので、必ず紙面でもらいましょう。
そういうフォームがない場合は領収書に裏書きしてもらいましょう。

水漏れ・つまり修理の料金相場

工事後に職人さんに聞いてみました。だいたい下記の感じだそうです。
金額があまりに違うようでしたらその理由を聞いて、納得出来ないなら別の業者を当たりましょう。

<水漏れ修理の料金相場>
パッキン交換(パッキン代込み) 約5,000円〜10,000円程度
蛇口交換(蛇口代込み) 約10,000円〜30,000円程度
<水道・排水管つまり修理の料金相場>
薬剤使用 約5,000円〜10,000円程度
高圧洗浄機使用 約10,000円〜20,000円程度

ちなみに例としてCMで有名な「クラシアン」の料金表の話をすると・・・
どんな修理もすべて8,000円(税別)~と記載されているのですが、この料金相場と比較すると安いように思いますよね。
しかし普通に考えてみると、職人が一人動けば移動費も含めて15,000円は掛かるはずなんです。
そうでないと普通は会社として回りません。
ホームページによくある「〜」はそもそも料金提示をしていないのと同じと考えた方が良いです。

料金相場を踏まえて、選ぶ業者を検討しましょう。

引っ越し業者スキームという裏技


ここだけの話ですが・・・ひとつ裏技があります。

「次の業者が後からくる予定だが、せっかく来ていただいたんだし少し安くしてもらえるならここで決めたいんですがどうですか?」

業者から本当の最安値を引き出す決めゼリフです。
相手側も人件費を削って無料で見積もりに来ているので、貴重なお客さんを逃して損するくらいなら、ギリギリまで安くしてでも引き止めたいところ。

これ家電量販店なんかでもよく使えます。真似していいですよ?

まとめ


過去の経験を参考に水道業者の選び方を説明しました。
まとめると

極力お金をかけたくない場合
複数の地元の水道局指定業者から相見積もりを取る

手間とお金をかけたくない場合
マッチングサービスを利用する

とにかくすぐに解決してほしい場合
クラシアン、水道救急車、生活110番など・・・好きな業者を選びましょう。

水回りのトラブルで業者を選ぶ際に参考にしていただけると幸いです。